Buzzing 読書

すべての投稿 / 書籍

r/books·BlueViper20·1.7k

The Giver」は素晴らしい本です。単なる子供向けの本として見てはいけません。

The Giver」は素晴らしい本で、私は子供の頃にこの本に出会いました。 子供が読んでも全く問題ない本ですが、そこに書かれているメッセージや教訓は この本に込められたメッセージや教訓は、子供やティーンエイジャーが理解できる範囲をはるかに超えています。 振り返ってみると、この本は読んで理解すべき深遠な本だと思います。

書籍reddit
2021-11-30 01:58·Redditで見る

そこで、Amazonで「Wheel of Time」を見て、すぐに夢中になりました。その後、Amazon 集めたボックスセットが50%オフになっていたので、全部買ってしまった。 した。 昨日の夜から読み始めて、いつの間にか178ページになっていました。I 置いておくことができませんでした。そして、これは私が何を読んでいるかということですが...

皆さんには、ある言葉を声に出して言って、後で(あるいはすぐに)その言葉を知ったというシチュエーションを教えていただきたいと思います。 その場で誰かに訂正されて恥ずかしい思いをしたことはありませんか? その場で誰かに訂正されて恥ずかしい思いをしたこともあるでしょう)。もちろん、あなたはその単語を もちろん、あなたはその言葉を本から学んだはずです。 私が始めます。その昔、私が...

メル・ブルックスの回顧録『All About Me! 最高のストーリー、トリビア、豆知識

Reddit Image

ダニー・トレホの自伝「Trejo」のオーディオ版を聴いたところ。彼は 自分でナレーションを担当していて、それがとてもかっこいい。彼は最高のナレーターではありませんが 語り手ではありませんが、彼の話し方に慣れると、彼が自分の話をしている方が全体的に良いです。 彼が自分の話をしている方が全体的に良いのです。 彼が生きてきたのは、狂気に満ちた暴力的な人生であり、それは...。

長年、Goodreadsを利用してきた私にとって、このプラットフォームには非常に複雑な思いがあります。それは 情報の宝庫であるはずなのに(何百万もの評価やレビュー、本の推薦など 情報の宝庫であるはずなのに、実際に使ってみると圧倒されてしまうことが多いのです。 しかし、実際には圧倒されてしまいます。 いくつか気になる点を挙げてみましょう。 ほとんどの本には...

Tl;dr チャールズ・ディケンズが私を賢くした 高校1年生の時に『デビッド・カッパーフィールド』が課題図書になって以来、私はディケンズの作品を貪るように読み、再読してきました。 高校1年生のときに『David Copperfield』が課題図書になって以来、私はディケンズの作品を貪るように読み、毎年のように再訪しています。 ディケンズの文体は、私の言語、会話、ボキャブラリーを飛躍的に向上させました。 私の言語、会話、ボキャブラリーを向上させ、同僚や...

変な話ですが、ネット上では、図書館で本を「借りた」と言っている人をよく見かけます。 と言っている人をよく見かけるのですが、これは私にとっては変な感じがします。私は普通、「借りた」と言うか "checked out "かもしれません。借りるということは、お金を払うということだと思うのですが、それ以上に 借りた」という言葉を聞いたことがないような気がして、変な感じがします...。

言っておきますが、Libbyアプリは私にとって完全なゲームチェンジャーです。でも、もしかしたら 私がこのゲームに遅れているだけかもしれません。 海外に行く前は、いつも図書館で本を借りていて、1週間に何冊も借りていました。 週に何冊も借りていました。移住してからは、本、特に英語の本は 借りられなくなってしまいました...。

ちょっと噴出してみたかったんです。文章は美しく、キャラクターは素晴らしく そして、満足のいく結末でした。今までに何度、感動的な本を読んだか、片手で数えられるほどです。 最後のページで満足できる本を読んだのは片手で数えられるほどです。ファンタジーとリアリズムの甘いブレンドが大好きです。 ファンタジーとリアリズムの甘いブレンドが大好きで、そしてなんといってもサスペンス!!。と思っていたのですが、その通りでした。

just WOW what a good read. 手頃な長さでありながら、ストーリーは非常に充実しています。 描写は複雑で詩的であり、手紙はとても楽しく、まるで二人の兵士や恋人の間の 手紙はとても楽しくて、まるで二人の兵士や恋人の手紙を読んでいるようでした。 私はタイムトラベルの話はあまり好きではありませんが、物事がどれほど混乱するか...。

オーディオブックのおかげで、消費する本の数を大幅に増やすことができました。 新しい分野にも手を広げ、『オリエント急行殺人事件』に挑戦しました。 を試してみました。語り手はあまり好きではありませんでしたが、それを乗り越えて物語の良さを楽しむことができました。 楽しむことができました。 設定は良かったし、結末は...。

中学生の頃はよく本を読んでいました。主にサイエンス SFやスティーブン・キングを読んでいました。しかし、高校時代のある日、私は本を読むのをやめてしまいました。 それ以来、文字通り実際の本を読んでいないんだ。大学ではコンピュータとプログラミングに 大学ではコンピュータとプログラミングに夢中になったので、結局、自由時間には...

だから、ショックなんです。これは大変な経験でした。初めて読んだ実話系の本だったのですが 読んだのは初めてだったのですが、すっかり物語に没頭してしまいました。確かに、全体的には苦しくて不快です。 しかし、様々な角度からストーリーを追いかけるのは面白い。 読んでいて面白いです。どうしようもない・・・。

私はこの点で障害があるのではないかと、ふと思いました。 と思いました。街の構造を説明する本が出てくると、教会の左側には 教会の左側にはx、y、zを通る川があり、反対側には......にそびえる丘がある。 反対側には丘があって、その上には...がそびえている。などなど、様々なことが書かれています。I...

私は本の中のツイストエンディングによく驚かされます。特に人気のある本では、よく と聞かれますが、ほとんどの場合、私は分かりません。 私は分かりませんでした。と聞かれることが多いのですが、ほとんどの場合、分かりませんでした。 ハンティング・パーティー』など)でない限り、私は本当に試みようともしません。文字通り、3回も...。

この1年間(おそらくもっと長い間)、私は鬱病に悩まされてきました。 以前に楽しんでいた多くのことを楽しめるようになりました。ビデオゲーム、映画、音楽。 読書。2年ほど前にキンドルを手に入れてからは、読書を再開していました。 私は2年ほど前にキンドルを手に入れてから、読書を再開していました。

数ヶ月前、オクタヴィア・E・バトラーの「Kindred」を読みました。最初にこの本を手に取ったのは タイムトラベルという点に興味を持ったからです。読んでみると、確かに 読んでいくうちに、今まで考えたこともなかった人種差別や奴隷制度の側面について考えさせられました。 考えるようになりました。 なぜこの作品が映画化されないのか、本当に不思議です...。

Ocean Vuongの「On Earth We're Briefly Gorgeous」を読んで以来、私は 詩人が書くことのできる散文には驚かされます。彼らが自分の考えや感情を伝える方法は、私にとってこの世のものとは思えません。 私にとっては、この世のものとは思えません。気にしないでください、私は詩が大好きです。 私は詩が大好きですが、彼らが小説のような長さのプロジェクトに挑戦するのを見て...。

彼は間違いなく、最高のSF作家の一人です。また、彼は素晴らしいファンタジーも ファンタジーにも力を入れています。彼は非常に密度の高いスタイルを持っていて、それを理解するのは難しいです。 彼の本は再読のためのものです。読んでみてください。 後悔はしないと思いますよ。 The Book of the new sun...での彼の仕事は...

私には、何度読んでも飽きない本が何冊かあります。 を持っています。ハリー・ポッター」シリーズは、ストーリーがとても素晴らしく、いつも新しい情報や隠された情報を得ることができるからです。 いつも新しいことや隠された参考資料を見つけることができます。それに、なんだか 懐かしいですね。 The Virgin Suicides」もそうですね。私は、この本がどのように...

私は不勉強なのですが、詩集は普通の本のようには取り組めないのではないでしょうか? のではないでしょうか? 詩集は普通の本のように取り組めないのでは? 何の作戦もなしに同じページを何度も読まされたら、本を楽しめないと思うのですが。どのような方法があるのでしょうか? あなたの経験から、何が一番効果的に抽出できるか...。

この本はBRILLIANTでした。私はEvelyneというキャラクターをとても愛していました。 彼女の人生について読むのはとても興味深いものでした。彼女はとてもリアルで、まるで友人のようでした。この本は 読んだ後、何週間も心に残るような物語です。作者は 本当にそうだったんですね。読んだことがありますか?読む予定ですか?あなたは何を...

The Expanse」シリーズを読み返しています。大量のコーヒーを飲んでいる愛すべき描写は エスプレッソシューターの私は、大量のコーヒーを飲みたくなりました。 カップが欲しくなります。宇宙船を持っていなくても、未知の世界で命がけの仕事をしていなくても、しばらくの間、コーヒーを飲みながら考え事ができる。 しかし、しばらくの間、コーヒーを飲みながら宇宙に思いを馳せることはできる。どうでしょうか・・・。

20分前に終わりました...。とても素晴らしい作品でした。 この本の大部分は、どれだけの熱意と興奮が伝わってくるかで、傑出していた。 感動が伝わってきました。 しかし、最後の章では、特に私が今まで経験してきた自己矛盾の大きさに驚かされました。 私が経験してきたことです。私は多くの人が...

若い頃に読んだ本を読み返してみたら、あまり熟成されていないことに気付いた、という投稿を見ました。 若い頃に読んだ本を読み返してみると 逆に、あなたが若い頃に好きで読んだ本は何ですか? 逆に、若い頃に好きで読んだ本で、最近再読してやはり好きだったものはありますか?時間の試練に耐えたあなたの本について、すべて聞きたいです。 時の試練に耐え、今でも同じように良い本を...

難易度の定義はあなたにお任せします。私にとっての難しさとは、テーマに関することかもしれません。 私にとっての難しさとは、テーマ、言葉の使い方、物語の複雑さ...あるいは、Woolfの『To Lighthouse』からの例のように、終わりのない文章のことです。 WoolfのTo the Lighthouseからの例です。 「彼女は今や見るからに恐ろしかった。 皿から顔を上げて黙っている間に、彼女は...

神話が好きな人なら誰でも知っているパーシー・ジャクソンですが このシリーズには「オリンパスの英雄」という続編があります。 知っている人は少ないと思います。私はパーシー・ジャクソンよりもこのシリーズの方が好きです。 より多くの人に知ってもらいたいと思っています。 本の内容は以下の通りです。

本を読んでこんなに恍惚とした気分になったのは、「秘伝」以来です。 3日前。redditのリンクを見つけました [https://www.penguinrandomhouse.com/the-read-down/the-best-books-of-2021/] ペンギン・ランダム・ハウス」の2021年のベスト・ブック・リストへのリンクを見つけました。私はちょうど 数冊の本を読み終えて、探していたところ...

友人たちと、10代や20代前半に読んだ本の多くが 10代や20代前半の頃に読んだ本の多くは、うまく熟成されていない。興味深いことに、私たちはそれぞれ 振り返ってみると、何を考えていたのかわからなくなってしまうのです。 何を考えていたのかわからなくなってしまうのが面白いですね。 私の場合、それは「パーフェクト...

私がこれまでに読んだ小説の中でも最高の作品であり、歴史小説のカテゴリーではおそらく最高の作品です。 ヒストリカル・フィクションのカテゴリーでは最高の作品でしょう。これまでに語られた中で最高の物語かもしれません。こんなに心を掴まれた本は初めてです。 これほどまでに心を掴まれた本は初めてです。これほどまでに心を掴まれた本は初めてだ。 楽しませてくれて、血に飢えていて、理解できなくて、予測できなくて...。

客観的に見て悪い本、つまり、文章が下手で、キャラクターが弱く、プロットが悪い本。 または、何かの理由であなたの人生をポジティブに変えた、コンセプトの悪いノンフィクションのことです。 私の場合、それは(おそらく)ノンフィクションでした。私の場合、それは(おそらく)ノンフィクションでした。神々の黄昏(Chariots of the Gods 神々の戦車」です。10代の頃に読んだのですが、その時はまだ...

ピューリッツァー賞受賞。この作品は私にとって魅力的なものではないと思っていましたが チャンスを与えてくれて、本当に良かったです。舞台はヒトラーが台頭してきた時期から ヒトラーの台頭から敗北までが描かれています。ときにダーキーで、ときに不穏で、ときに感動的で ドイツ人の少年とフランス人の盲目の少女を描いた作品です。

第3部を始める頃には、本当にこの本が終わって欲しいと思いました。しかし 2、3章が終わったところで、再びこの本を好きになりました。 でも、最後の2、3章は本当に心が痛んだ。登場人物が私の友人になっていることに気づかなかったのです。 登場人物たちが私の友人になっていて、こんなことになるとは...。

信じられないほど感情的で、詳細で、とても良かったです。正直に言うと、私は最後に泣きました。 パトロクロスの抱える悲しみや罪悪感、アキレスの苦しみなどをストーリーテリングで見事に表現していて、最後は正直泣いてしまいました。 パトロクロスの悲しみ、罪悪感、悲しさ、そしてアキレスの苦しみを説明するストーリーテリングがとても強力だからです。 感動しました。本当に素晴らしい作品です。私の体験をさらに高めてくれたのは・・・。

https://www.nytimes.com/interactive/2021/11/24/books/best-book-vote.html 読者投票で選ばれた25冊の中から最大3冊まで投票することができます。 読者からの推薦で選ばれた25冊の中から3冊まで投票できます。25作品は以下の通りです。 * 1984 * 見えない光のすべて * Beloved * Catch-22 * The Catcher in the Rye(ライ麦畑でつかまえて * ♪Charlotte's Web *...

欠点のあるキャラクターが描かれているので、この本が好きでした。ナサニエルはあまりにも生意気で 賢くなろうとしすぎていました。世界観が好きなのは、ジンの話を読むのが好きだからです。 ジンはつかみどころのない種族ですからね。Bartimaeusはとても良いキャラクターで、Kitty Jonesもそうです。 キティ・ジョーンズもね。 正直なところ、他の作品になっていたかもしれません...。

正直なところ、このシリーズにはあまり期待していませんでしたが、ちょっとした探偵アドベンチャーを期待していました。 ただ、ちょっとした探偵アドベンチャーを期待していました。このシリーズが私の個人的なリストのトップになることは期待していませんでした。 リストに入るとは思っていませんでした。 ドレスデンは、私がこれまでに読んだ中で最も親しみやすいキャラクターの一人です。作者がドレスデンの考えをどのように 作者がドレスデンの思考や感情をどのように描いているのか...

TLDR: 私は、本を読むときには、本当に小さな奇妙な特定のテーマや傾向があることに気がつきました。 本を読んでみようかなと思ったり、読んでみようかなと思ったりするきっかけになっていることに気づきました。 他の人もそれを持っているかどうか興味があります。もしそうなら、それが何か教えてほしいです。 TJ Kluneの本はまだ読んだことがありません(House in the...は持っているのですが)。

これまでで一番好きな本です。書き方がとても上手で、インタビューの形式も完璧でした。 インタビューの形式も完璧でした。私はこの本の多くの部分で恐怖を感じ、何度か泣いてしまいました。 涙が出ました。ヨンカーズの戦いのイメージは永遠に私の脳裏に残るでしょう。10/10 Quislingsのコンセプトはとても興味をそそられるもので、私は...

読者の皆様、ようこそ。 今年も終わりに近づいてきましたが、それは様々な「2021年のベストブック」リストが発表されることを意味します。 2021年のベストブック」が発表されます。このスレッドでは、これらの「ベストオブ」リストや賞をひとつにまとめるために このスレッドでは、これらの「ベスト・オブ」リストや賞を一つの場所に集め、さらにリストや賞が発表されたら更新していきます。 随時更新していきます。早速ですが...

edit: 以下、ネタバレあり 1984年は私の好きな本の一つだと言っていた者として言います。 BNWが1984よりも優れた小説であると自信を持って言うことはできませんが(その 終盤のコントローラーの議論は少し重い)、BNWは1984年よりも良い小説だとは自信を持って言えませんが ディストピア小説としては格段に優れていると思うのだが...。

ただ、私は怒った。私はブルガリア出身で、英語は母国語ではないので、間違いがあったら許してください。 間違いがあったら許してください。私は仕事をしていて、読書をする機会を見つけました。読んでいたのは スティーブン・エリクソンのMalazan Book Of The Fallenを読んでいました。 同僚が来て、その太い本(Memories Of Ice、Malazan Book Of The Fallenの第3巻)を見ていました。

私はこの本の前から後ろまで完全に魅了されています。あなたのイグナチオに対する考えをお聞かせください。 イグナティウスについてのお考えや、現代の文化の中で彼はどのような存在だと思いますか?I 彼は "お兄さん "への恐怖で寝込んでいると思います。 自分の身を守るために、非常に直感的でない一連の日記を書いていたのではないでしょうか。

父として、フランケンシュタインの物語は素晴らしいと思いますよ。私の解釈では 人生を創造する情熱にとらわれながらも、それを怠っていた若者の物語です。その結果 自分の怠慢が生み出したものの恐ろしい結果に直面する。 フランケンシュタイン博士は、生命を生み出した大学に通う青年です。まるで...。

私は多くの古典を読んできたと思います。多くの本には、病気になった人々が登場することに気がつきました。 ショックで体調を崩す人が多いですね。1800年代の小説の多くは 1800年代の小説の多くは、ちょっとしたことで登場人物が青ざめるような気がします。 (様々な理由で青ざめる人がたくさんいますが、、、。

最初に言っておきますが、これは私がこの本を本当に心から楽しんだということです。私は 起きている間はずっとこの本を読んだり、家事をしながらオーディオブックを聴いたりしていました。 家事をしながら 本を持ち続けると腕が痛くなるほどでした。 しかし、最後の2、3章では、私はこの本が好きになれませんでした...。

本当に良い本を手にして、文脈のヒントから「これはきっとPukiWikiだ」と気づく。 シリーズものではないかと気づく。 そして、その本を手にした図書館や書店、古着屋に行ってみると その本を手にした図書館や書店、古着屋に行って、そのシリーズの他の本を全部、またはいくつか見つけた。しかし、何らかの理由で 理解できない理由で...

私は先週、第1巻を読み終えて、とても混乱したことを投稿しました。ほとんどの(全員ではありませんが 続けるように言われましたが、もっと良くなるし、私の疑問も解けるし 疑問が解決するだろうと言ってくれました。その通りでした。The Drawing of the Three」はとても良かったです。 私はそれをスピードアップしました。唯一の問題は、私は今、約6週間の間に...

これは良い意味でも悪い意味でもあります。今、Scott HawkinsのThe Library at Mount Charを読み終えました。 スコット・ホーキンスの「Mount Char」を読み終えました(このサブの読者が勧めてくれたおかげです)。 そして、ジャンル的にどこに入れたらいいのかわからない。SFなのか?アーバンファンタジーなのか? ファンタジーなのか?両方なのか?いい意味で精神的に疲れてしまいました。

今まで読んだ中で一番怖い話です(゚∀゚) 私が読んだトルストイの物語の中で 家族の幸せ」に続いて読んだ2つ目のトルストイの物語ですが、その正確さとリアルさには驚きました。 トルストイが人間の経験をいかに正確に、そしてリアルに描いているかに驚きました。 不安感が強く、死をかなり恐れている人間としては、このような体験をしたことがない。 不安と死の恐怖を併せ持つ者として

この本が終わりに近づいたとき、私はGoogleで「saddest books ever」と検索しました。 と検索してみたところ、『小さな命』が複数の検索結果の最初に出てきたのには驚きました。 驚いた。心を打つ小説です。 この物語は、最初は4人の大学の同級生を描いたもので、後には2人の 2人の物語になります。....

この本は特に「好き」というわけではありませんでしたが、「好き」でした。多くのことが 物語の中で、多くのことに興味をそそられました。ミルドレッドが友達と話しているところでは ミルドレッドが友人たちに、トラブルを避けるために子供をテレビの前に立たせているという話をしているところは ミルドレッドが友人たちに、子供をテレビの前に貼り付けてトラブルを回避していることを話している部分は、これが昔に書かれたものとは思えません。

tl;Dr - 本は可能な限り最高の方法でファックされた。大切なものを犠牲にすることなく、期待を裏切る 大切なものを犠牲にすることなく、期待を裏切る。 さて、暴言を吐く前にいくつか言っておきたいことがある。1、私には本の友達がいません。 少なくともこれを読んだ人はいません。そして2、まず本を読んで そして、私はおそらくチェックアウトします...

誰かが、何らかの理由で(大嫌いとまではいかなくても)本当に嫌いな本を持っているかどうか、知りたいと思っています。 何らかの理由で本当に嫌いだったが、それでも読み続けた本があるかどうか知りたい。I 私は信じられないほどうるさい読書家で、作者の文体のような漠然としたものが気に入らなければ 私は非常にこだわりの強い読者で、作者の文体のような漠然としたものが気に入らなければ、その本を読むのを完全にやめてしまいます。

何ヶ月もの間、私は良いSF本を求めてGoodReadsを熟読してきました。最近では ライブラリーカードを手に入れ、Libbyアプリを使い始めました。これをやっていない人は すべきです。私が聴きたいオーディオブックの約80%は、図書館で無料で借りられることがわかりました。 ライブラリーカードがあれば、無料で借りられることがわかりました。 それは...

おそらく2冊、あるいは1冊に絞ることができると思いますが、それはデビッド・フォスター・ウォレスの『Infinite Jest』です。 デイヴィッド・フォスター・ウォレスの『Infinite Jest』です。 その理由は、この本がなければ、私は依存症から立ち直れなかったからです。この本を初めて読んだとき、回復のためのアドバイスが非常に多いことに驚かされました。 自殺についてのセクションは...

他の視覚障がい者の方々は困惑されるかもしれませんが、私は好きな本のハードカバーを集めるのが大好きです。 好きな本のハードカバーを集めるのが好きです。大好きな物語の具体的な証拠に囲まれていると、何か 私が大好きな物語の具体的な証拠に囲まれていることは、美しく、酔わせるものがあります。 それが読めるかどうかは別として。 私が購入したのは、サイン入りの...

Dayna Ingramの「All Good Children」を読んでいない人がいたら、とても羨ましいです。 Ingramです。 この作品を見て、私はすっかり虜になってしまいました。予測していませんでした。読んでみると 読んでみると、それほど強くはないものの、やはり影響を受けました。デウス・エクス・マキナのような展開ではなく しかし、私はまだそれを見ることができませんでした・・・。

毎日たくさんの本を読んでいます。一日中読んでいることもあります。私はいつも 常に数冊の本を持ち歩いているので、いつでも2~5冊の本を読んでいます。 本を読んでいます。それぞれを数時間読んでから、別の本に変えます。友人の一人に話したところ 友達に話したら、ちょっと怒られました。まるで私が自慢しているかのように...。

次の3冊はどんな本ですか?皆さんの答えを聞いてみたいと思います。 もしかしたら、これらの本のいくつかは実際に私のリストに入っているかもしれません。 私にとっての最初の一冊は、Karen McManusの『one of Us is lying』です。私の膨大なリストの中には 私の膨大なリストの中にはたくさんの殺人ミステリーがありますが、この本はその中でも最初に読もうと思っている本です....

テレビで見たんだけど、「ウエストサイドストーリー」の新しいリメイク版が出るんだって。これを見て 本も映画と同じように扱われたらどうだろうと考えました。もしも 20~25年ごとに名作が再販され、しかも別の作家によって書き直されるとしたら? 書き直されたら?新しい作品はより良いものになるでしょうか?どのような変化が...

エリザベス・ベネットが最悪だということに同意してくれる人には会ったことがありません。 私がロマンチックな人間ではないからかもしれませんが、オースティンがエリザベス・ベネットをどのように描いたのかが嫌なのです。 オースティンは、エリザベスの母親や親友が、ロマンスよりも安心感を求める浅はかな人間であり 私は、オースティンが、エリザベスの母親や親友は、ロマンスよりも安全性を追求する浅はかな人で、「良い人」を示す唯一の方法は...という設定にしているのが嫌いです。

What a Rollercoaster. 私はすでに感情的な自動伝記のファンです。この本も この本はその期待を裏切らない。トレバー・ノアが自分の幼少期について語る。そして、それは 静かに読めました。私は最初の数行から夢中になりました。 数分前に読み終えたばかりなので、言葉を失っています。そして、私はまだ 私はまだ...

who the fuck says "sockfeet"? そんな表現、生まれてこのかた聞いたこともないし その本では1/2ダースほど使われていました。人々は テキサスではそう言うの? いずれにしても、これは不満ではありません。私はこの本の書き方が好きでしたし、本当に面白くて 書き方も好きだし、とても面白かったし...。

まさか、フレッシュ・プリンスが書いた本を読むとは思わなかった。"Will "はとてもよくできた 私が今まで読んだ自叙伝の中で一番の出来だと思います。 私が読んだ中では最高の自伝です。オーディオブックをお勧めします。彼自身がナレーションを担当しており、私が読んだ中では最高の作品です。 私が今までに聴いた中で最高の作品の一つです。この本は

わーい。私は自分がかなりの読書家だと思っています。様々なジャンルの本を読みますし しかし、この本は他の本とは違って私を引き裂きました。 ガース・スタインは、シンプルさを好むようですが、文章のスタイルは驚くほどエレガントでも複雑でもありません。 ガース・スタインはシンプルさを好むようですからね。しかし、この本には衝撃を受けました...。

あまり本を読まない人との会話の中で、「文字だけでイメージがない読書のどこがいいの? 言葉だけでイメージがない読書のどこがいいのかと聞かれました。彼らの 彼らの意見は、映画は画像も提供してくれるというものでした。そこで私は 読書をしているとき、私は実際に頭の中で絵を「見て」いて...

というわけで、前から気になっていたこのシリーズの1冊目を読んでみました。 大嫌いな作品でした。すべての言葉が。各章を読み終えたとき、ページを破り捨てたくなりました。 お尻を拭くのに使いたくなりました。大嫌いだ。そのシリーズの名前を言うつもりはありません。 なぜなら、それはこの質問の趣旨ではないし、私は...

15歳の時からずっと待っていました。 "時の輪が回り、時代が生まれては消え、伝説となる記憶を残す 伝説となる。" 本を読み切るのに20年以上かかりましたが、今夜家に帰って、私の人生の中で最も長く付き合ってきたこのシリーズを見るのがとても楽しみです。 今夜は家に帰って、私の人生の中で最も長く付き合ってきたこのシリーズを見るのがとても楽しみです。 人間関係....

最近、カフカのことを耳にして、彼は天才的な文学者だと思っていました。 それで、彼の本を2冊手に取ったんだ。「メタモルファシス」と「裁判」だ。 両方とも読みましたが、たしかに彼は天才だと思います。 私が思うに、彼の物語はコメディーであり、人間の不条理さを示すコメディーだと思います。 人間の不条理さを示すコメディだと思っていました。

いることは知っていますが、このジャンルが日本ほど充実しているようには思えません。 映画のようにしっかりしているとは思えません。パーカーの小説はありますが、それは60年代のものです。どれだけ多くの本が 探偵ミステリーがどれだけ多いかというと、作者も読者も同じように魅力的だと思います。 作者も読者も、複雑な構造の網を紡ぐことは、同じように魅力的だと思うのですが...。

私は楽しみながら読書をすることにかなり慣れています(子供の頃はいつも読んでいましたが、大人になってからは)。 大人になってからは、子供の頃はいつも本を読んでいました)、読んでいる本について他人に打ち明けることができないことがよくあります。それは 友人のほとんどが本をあまり読まないせいもあるかもしれませんが、私はいつも自分が読んでいる本について恥ずかしさを感じます。 読んでいるものについて恥ずかしさを感じます。特に、それが...

登場人物の書き方に深みがあり、とても素晴らしい物語である。 良いことも悪いこともたくさんある素晴らしい物語です。 ピエールは私の分身のようなもので、彼のようなキャラクターにこれほど感情移入したことはありませんでした。 ピエールは私の分身のように感じました。ちょっと興奮しすぎているように聞こえたらごめんなさい、それはこの本がとても良いからです。 それはこの本がとても良いからです。 もし皆さんがそうしたいと思うなら、私たちは...。

私は子供の頃から読書が好きで、特にファンタジーやSFが好きでした。 高校生になってからは全く読まなくなってしまったのですが、今年の 今年の1月にウォーハンマー40Kに夢中になって、そこには多くの伝説があることを知りました。 そして、たまたま新しく始めた...

読者の皆様、ようこそ。 今日は世界哲学の日 [https://www.philosophy-foundation.org/world-philosophy-day]を記念して お気に入りの哲学書について語り合いましょう。 これまでに毎週行われたフィクションとノンフィクションのディスカッションを読みたい方は ご覧になりたい方は、suggested...

本を禁止したり、検閲したりすることが話題になっているのは、皆さんもご存じだと思います。 本を禁止したり、検閲したりすることが話題になっています。現在、この問題に対処するための法案が作成されているほどです。 しかし、私は多くの人々が見落としていることがあると感じています。 しかし、私は多くの人々が見逃していることがあると感じています。 このような本は

1年半前に買った本ですが、なかなか読むことができませんでした。I 昨日の夜、ようやく読む気になり、一気に読み終えました。I この本は私の人生を変えたと思っています。 まりあさんのことが頭から離れないんです。本の最後には大泣きしてしまい、さらに...。

呼気』は短編小説集ですが、タイトルになっている短編小説は る「呼気」は、虚無的な美しさの研究である。それは、まるで マジカルリアリズムの要素とハードコアサイエンスの要素が交錯していて 実存主義のようなものです。 私はこの物語を読みながら、その中心にあるのは...。

今、『アウシュビッツの刺青師』を70ページほど読み終えたところです。私は ホロコーストが舞台の本は手に取るべきではないと実感しています。素晴らしい本になるかもしれませんが ホロコーストが舞台の本は手に取るべきではないと悟りました。 今年の初めに読んだ『カラーパープル』も、その扱いが気になって読みませんでした。 扱われていたからです。 I...

GRRMが大作シリーズの第6作目を出版しない理由は、怠けているからとか、他のプロジェクトがあるからとか、いろいろな説があります。 怠惰であるとか、他のプロジェクトがあるとか、様々な説がありますが、私があまり聞いたことがないのは しかし、あまり耳にしないのが、実際には完成させることができないのではないかということです。3作目以降は まだ多くのプロットやサブプロットがぶら下がっていた頃、むしろ...。

提案された通り、私は今日『ロック・ラモーラの嘘』を読み終え、本当にただ話したい 語りたいくらいです。 私にとってこの作品は、今まで読んだファンタジー作品の中で唯一、主人公たちが 私にとってこの本は、今まで読んだファンタジー本の中で、主人公たちが魔法を使わない唯一の本です。確かに魔法を使って変装したり、策略を練ったりしますが でも、彼ら自身は普通の...

学校のリーディングカリキュラムではごく当たり前のことのように思えますが なぜか私の子供時代にはありませんでした。私はこの夏、気分転換をしたいと思いました。 この夏、気分転換をしたいと思って読んでみたら、予想外の展開になった。 この本自体は明らかに平板ですが、つまらないというわけではありません。それぞれの...

それで、子供向けのシリーズ(everyworld)を読んでいます。おそらく15歳前後で 13-14歳を対象にしていると思われます。 ここではどうでもいい理由ですが、3人の男と1人の女(16-17歳)が、自分の持っているすべての 自分たちが持っているギアやアイテム、装備を紹介しています。その中で挙げられているのが タンポンです。A...

科学やSFが好きなのでProject Hail Maryを読んでいますが、それが 続けるのに苦労しています。ウィアーの文体は幼く、痛々しいほどに面白くない。 最初の数ページからいくつかの例を挙げます。 "あなた...静かにしてください。" "よし、そろそろこの画面をじっくり見てやろうじゃないか!" "それに...

ヴォルコーシガン・サーガの最初の3冊を読み終えたところです。このシリーズは このシリーズはあまり注目されていないようなので、もっと前に誰かが教えてくれていれば このシリーズはあまり注目されていないように思います。一見したところ、これらの作品はさわやかで、ページをめくるような、キャラクター主導の作品です。 一見すると、爽やかでページをめくるような、キャラクター重視のSFですが、あまりにも多くのことが起こっていて...。

以下は、前述の冒頭の段落である。 "それは最高の時代であり、最悪の時代であり、知恵の時代であった。 愚かさの時代であり、信じることの時代であり、信じないことの時代である。 光の季節であり、暗黒の季節であり、それは その...

私は本を読むのがとても遅く、頭が混乱して行に集中するのに何度もかかってしまいます。 読むのが遅いので、行間に集中するのに何度も時間がかかってしまいます。また、ボキャブラリーが少ないので、知らない単語は調べなければなりません。 知らない単語は調べないといけません。なぜこんなことを書いているのかわからないのですが 読むのが遅いのは当たり前なのかどうかを聞きたかったんです...。

1. ダストカバーは不快で馬鹿げているので、捨ててください。 2. The Catcher and the Rye』は良い本だが、これを思春期のキワモノと判断する人が多いのは不条理だ。 思春期のキワモノと判断する人が多いのはおかしい。 3. オーディオブックは良いものであり、オーディオブックの聞き手を評価する人は最低である。 4. ハードカバーの本は...に比べてはるかに劣っている。

終わってしまったことが信じられません。読むのに約2年かかりました。一方では、このような 信じられないようなシリーズである一方で、とても苦労しました。もし他の本を読み始めたら、この本には戻れないだろうと 他の本を読み始めたら、この本には戻れないと思ったので、我慢しました。 その価値は十分にありました。キャラクターのアーカス、ディテール、すべてが...。

最近、オーディオ録音で聴いていたのは、『感謝祭の殺人』(Lee Harris著)。 リー・ハリス この本は1995年に出版されたもので、電話を多用しています。 固定電話、公衆電話、コレクトコールなどを駆使して、登場人物たちのコミュニケーションを図っています。 登場人物たちのコミュニケーションに大きく貢献しています。 それを見て、私は不思議に思いました。これって...。

先日、こんなことを考えていました。読むという行為の性質上 これはこの国の山岳地帯だ」と積極的に考える必要があります。 読むという性質上、「これはこの国の山岳地帯だ」と能動的に考えるだけでなく、受動的にその地域を想像したり、その設定を を意識しています。設定は簡単ですが、ボキャブラリーがあっても、それぞれの...

最近、なんだか元気がありません。いろんなことがあって、自分の人生がどうなるのか 自分がどこに向かって生きているのかわからなくなっていました。でも、つい最近、eye of the world (the first wheel of time book)を読み始めました。 (the first wheel of time book)を読み始めたところで、毎晩手に取るのが楽しみになってきました。 読むのが楽しみです。私は、たくさんの...がある本が好きです。

この投稿にはあまり深い意味はありませんが、十分に楽しめました。技術的な文章が多く含まれていますが 技術的な文章が多かったのですが、それが物語への没入感を高めていたと思います。そして 主人公のマークは何事にものんびりしていて、自分の置かれている状況を素直に受け止めていました。 積極的に行動していました。ネタバレはしませんが、念のためタグをつけておきます。

正直、「His Dark Materials」3部作が最初の芸術作品のような気がします。 感じさせてくれた作品だと思います。12歳の少年時代に読んだとき、最終巻では、それまで感じたことのない感情を 12歳の少年が読んだとき、最終巻では、それまで感じたことのない、欲望や恋心よりもずっと深い感情に出会いました。 欲望や恋心よりもはるかに深いものでした。I...

結末が悲しかったのではなく、素敵なキャラクターたちとの別れが悲しかったのです。 この本を通して知り合った素晴らしいキャラクターたちに別れを告げることになるからです。 ダニエル、フェルミン、ジュリアン、ヌリア、監視員たち。) ダニエル、フェルミン、ジュリアン、ヌリア、時計屋さん、学校の先生、みんな。 この本の中で、ダニエル、フェルミン、ジュリアン、ヌリア、時計屋さん、学校の先生、みんなが、とても強くて、強い気持ちを体現していました...。

アニタブレイクのヴァンパイアハンターの小説を読み返していますが、アニタはストックホルム症候群の悲しい従順な愚か者に過ぎないと断言します。 ストックホルム症候群のような悲しい従順さを持っています。 逆ハーレムじゃないんだから・・・。私は、女性キャラクターには自立していて、強い意志を持っていてほしいと思っています。 逆ハーレムを描こうとするならば、女性キャラクターはとても独立していて、強い意志を持っていてほしいです...。哀れな 哀れな女ではなく...。

600ページほどの本でしたが、正直終わってほしくなかったですね。ドナ Tarttは言葉の使い方がとても上手で、彼女の散文は私にとても大きな印象を残しました。 印象に残っています。葉っぱや環境の描写も美しく、一語一語が丁寧に文章を支えているようでした。 文章を支えるために一つ一つの言葉を丁寧に選んでいるように感じました。私は完全に理解...

まだ読み終えていないので、誰が犯人なのか全くわかりません。気に入ったので 最初からやり直して解決しようとするほど好きな作品ですが、文章中に十分な 文章の中に十分な手掛かりがあればの話ですが。 この本については何も読まないようにしていたので(トロフィー・株のことはよく知っています ストーリーを知っている)ので、完全には確信も持てないのですが...。

本屋さんを見ていると、いつも頭の中で祖母の声が聞こえてきます。 本の表紙で判断してはいけない。表紙だけで判断してはいけない。I 後になって、祖母のことは大好きだけど、この場合は絶対に間違っていたと気付きました。 祖母のことは大好きですが、この場合は絶対に間違っていました。表紙で本を判断すべきですが、それは...

何をするにも、特に読書をするにも、時間が足りないと感じています。があります。 今すぐにでも読みたい本が8冊ほどあるのですが、そんなことをしていたら、どれも本当の意味で体験できないと思っています。 でも、そんなことをしていたら、どれも本当の意味で体験することができません。私は、そのような本の知恵を持っていなければならないような気がしています。 一刻も早くその知恵を手に入れたいと思っています...。

紙の上では、電子書籍は物理的な書籍のコピーを、次のラジオのように変えてしまうかのように思われた。 次のラジオシャックになってしまうのではないかと思われました。つまり、スリムでポータブルなバックライト付きのデバイスで、10冊の本を持ち歩くことができるのです。 バックライト付きのスリムでポータブルなデバイスに10冊の本を持ち歩くことができます。本物の本では、持ち運べば持ち運ぶほど重くなります。 十分な明るさが必要だし、たくさん持ちすぎると...。

暇だったので、実際にGoodreadsのプロフィールを一通り調べて これらのカバー[https://i.imgur.com/HDO2Rut.jpg]を作成して、主張してみました。 私は大人の男です。私はYAをほとんど読みませんが、これらのうち5つほどは読みましたし、たぶん楽しめました。 2. でも、他の作品も、本当に魅力的に見えてきて...。

気に入りました。本を読みながらこんなことを感じたり考えたりしたことはありませんでしたが、一文一文が気に入りました。 一文一文が気に入った。それは、本全体を作品として愛したという意味ではありません。 一文一文を愛したという意味です。 1つ1つの文章を。時には一つの文章を何度も何度も読み返したり...。

私の友人のほとんどは、読んだ本のコレクションを持っていたり、家に小さな図書館を持っていたりします。 家に小さな図書館を持っていたりします。私の家族は、休日にしか本を買わないので、本の90%は図書館で買っています。 本の90%は図書館で購入しています。購入した本を読み終わったときには 購入した本を読み終えて、もう読まないと思ったら、たいていは寄付をするか...。

私はこの本をずっと読書リストに入れていたので、ついに屈して 2週間ほど前に購入し、昨夜読み終えました。 自分の考えを整理した上で、この本について議論したいと思いました。 私はこの1年で他の多くの本を読みましたが、covidは私に再受験をさせました...

読者の多くは、若い頃に読書マニアだったという話をよく聞きます。 若い頃は 私は小学生の頃、あまり読書好きではありませんでしたが(単に、読書に集中できなかっただけです。 しかし、中学時代は読書狂でした。 その頃のお気に入りのシリーズは、『ルナ・クロニクル』の...

そして、なんといってもジェットコースター。私は80年代のバージョンを何度か見たことがあるので、大きなビートが入ってくることはほとんどわかりました。 していましたが、映画化されるとどのように変化するかを知っています。 (しかし、脚色されたり、汚染された土地に埋もれてしまったりすると、どのように変化するかがわかります。) の描写に魅了されました。 ペットが戻ってきた後、ペットが正常ではなく、どのように...という描写に惹かれました。

"商人と錬金術師の門 "はテッド・チェンのSF作品 [https://en.wikipedia.org/wiki/Ted_Chiang]です。 チェンの作品はいつも楽しんでいるのですが、この作品に出会ったのは初めてでした。 この特別な物語に出会ったのは初めてです。今までの彼の作品の中で一番好きかもしれません。それは私に より人間らしく、生きているように感じられました。

パート1を終えたばかりで、ネタバレはしたくありませんが、これまで感じたことを吐き出す場所が必要です。 これまでに感じたことを吐き出す場所が必要です。今まで読んだ小説の中で一番素晴らしい作品です。 40代後半の今まで待っていてよかったと思います。40代後半になってから 感じています。トルストイはよくぞここまで...と思います。

過去に何度読んでも新鮮に感じられる本があります。 過去に何度読んでも新鮮に感じる本があります。展開が見えていても、最初に読んだときと同じような熱意を持って 最初に読んだときと同じくらいの情熱を持って取り組むことができます。 私の場合、ハリー・ポッターシリーズのどれかがこのリストに入ります。その...

飛行機の中で、フランスのパリで育った女性と話していました。旅行者である私は 旅行者としては、世界の人々が高校時代にどんな本を読まされたのかに興味があります。 旅行者としては、世界の人々が高校時代にどんな本を読まされたかに興味がある。彼女がくれたのはこのリストでした。 * ギー・ド・モーパッサンの『ベル・アミ』。 * エミール・ゾラの『ジェルミナル』と『アソモワール』。 * Les Misérables by Victor...

私はフィリッパ・グレゴリーの長年の読者であり、歴史の教師でもあります。私が知っているのは 彼女が歴史をはしょったり、全くの作り話をしたりすることは知っていますが、それは私を苦しめます。 歯を食いしばりながらも乗り越えることができます。 しかし、真面目な話、私が乗り越えられないのは、彼女の近親相姦に対する異常な執着です。それが 私にとっては最悪の事態です...

最近、私(33f)は、クールで共通点の多そうな男性(35m)とデートをしました。 共通の話題がたくさんありました。本や最近読んだ本について話し始めたとき 読んでいる本の話になったとき、私は主にノンフィクションが好きだと言って、最近読んだ歴史に関する本をいくつか紹介しました。 第二次世界大戦の歴史について最近読んだ本をいくつか紹介しました。「Churchill, Bad Blood by...

自分のペースで読めばいいのでは?なぜそんなに急いで本を読み終える必要があるのでしょうか? 焦る必要があるのでしょうか?私は実際に、サブボーカルを止める方法を学んだり 私は実際にサブボーカルを止める方法を学び、時には単語をチャンクすることもありました。しかし、速すぎる読書は私の目に負担をかけます。 現在、ハリーポッターを読んでいますが、なぜ速読しなければならないのか...。

久しぶりに本を読もうと思ったら、ジョバンニの部屋から始めようと思っていたので、とても嬉しいです。 ジョバンニの部屋で。とても魅惑的で官能的な作品でした。深い眠りから目覚めさせてくれました。 深い眠りから目覚めさせてくれて、読んでよかったと思っています。James Bladwinは、義務と自己犠牲の人間性を 義務と自己犠牲の人間性を詩的に表現しています。

私は以前、本を最後まで読まないことがありました。今では、いつもそうしているような気がします。 ここ数ヶ月で読み始めた本の半分くらいは 興味がなくなってしまったり 結局、図書館に戻さなければなりません。これは これは時間を無駄にしたくないからなのかどうかはわかりませんが...。

治療を受ける前のチャーリーには、キーズがうまく感情移入させていたと思います。 しかし、彼が治療を受けると(キーズではなくチャーリー)、彼は徹底的に 彼が治療を受けた途端、(キーズではなくチャーリーが)徹底的に嫌な人間に変わってしまった。以前の彼に戻ったことで、パトスの一部が回復しました。 哀愁を取り戻すことはできても、それは感傷的であり、おそらく無償のものである。これでは...。

読み始めたときは、オリジナル版(映画の原作であるアメリカ版ではなく)を持っていてよかったと思いました。 を持っていてよかったと思いましたが、読み終えてみると、結末が前の章の有機的な構成に 終わってみると、前の章の有機的な構造を欠いた終わり方だと感じました。 主人公に重きを置く人物が登場する素晴らしい本でした、、、。

...そして、このサブでナレーターについて投稿するのが適切かどうかはわかりませんが しかし、Thandiwe Newtonは素晴らしい仕事をしたと言わざるを得ません。私は 私はまだこの本を読み終えていません。実際、最初の部分(Lowoodでの彼女の生活)を読み終えたばかりです。 Lowoodでの彼女の生活)。通勤中に聞いていたのですが、その時は...

オクタヴィア・バトラーの『種まく人のたとえ』については、手に取る前は何も知らなかった。 した。この作品はよく書かれていて、素晴らしい人物描写があり、プロットのペースも完璧で、優れた作家の最高の仕事である。 優れた作家の最高の仕事だと思いました。しかし、私はこの作品を読むのをやめて、未読のまま片付けてしまいました。 彼女の描く崩壊しつつあるアメリカは、反目し合いながらも...。

私は「戦争と平和」を読んでいます。とても気に入っていて、すらすらと読めています。I カラマーゾフ兄弟」「罪と罰」「巨匠とマルガリータ」はすでに読んでいました。 Margaritaを読みました。だから、どの本が良いかを選ぶのは難しいでしょうね。 トルストイを読んで、ロシア文学に何が起こったのか考えさせられました。....

毎年この日になると、カート・ヴォネガットがこの日のために書いた次のような文章を思い出す。 カート・ボネガットの小説『チャンピオンズの朝食』の中の、この日についての考察を思い出します。 > だから、この本は、ガラクタが散らばった歩道であり、私が時間旅行をするときに肩から投げ捨てるゴミなのだ。 > この本は、ガラクタが散らばった歩道であり、私が肩から投げ捨てたゴミであり、私は1900年11月11日から22年11月22日にタイムスリップしたのである。 > 1922年。 > > > 私は来る...

私は文学を専攻していましたが、「文学を読まない」理由の一つとして、よく冗談を言います。 文学を読まない」理由のひとつだとよく冗談を言います。完全に正しいわけではありませんが、私はジャンル小説、ヤングアダルト、ファンタジー、アドベンチャー、ライトノベル、超常現象などを好む傾向があります。 小説、ヤングアダルト、冒険ファンタジー、ライトノベル、パラノーマル・ロマンス といった、学術的な価値よりも娯楽性を重視したものが多いですね。 それは...

ずっと好きな作品のひとつです。 映画は本の内容にかなり近かったと思いますが、微妙な部分をうまく表現できなかったと思います。 繊細さの多くを捉えることができなかったと思います。ハンターの書き方には、私にとってある種の遅さを誘うものがあります。 私にとっては、ある種の遅さを誘うものでした。何度も理解しようと立ち止まりました。 参考文献、人、それ...。

私がハリーポッターの世界に入ったのは遅かったです。最初に映画を見て感動しました。 感動しました。よくできた、心のこもったエンターテイメントだと思いました。その後、本を読みました。 後に本を読みましたが、映画よりもさらに良いと感じました。映画は短時間で多くのことを網羅しているので 映画は、短いスパンで多くのことをカバーしているからです。一方、本はというと...。

見えないアカデミック。人は時に自分を騙して、事実ではないことを信じてしまう。 真実ではないことを信じ込んでしまうことがあります。時にそれは、その人にとってかなり危険なことである。彼らは世界を間違った方法で 誤った方法で世界を見てしまう。彼らは自分が間違っていると信じていることを自分に見せようとしません。 しかし、多くの場合、心の一部には知っているものがあり、...

子供の頃は何時間も本を読んでいたのに、今では15分も読めない」という方は 子供の頃は何時間も本を読んでいたのに、今では15分も続けて読むことができないという人は、眼鏡屋さんに行って 視力検査を受けてみてください。多くの人の視力は、30代から 多くの人は、30代から40代にかけて視力が低下していきます。日々の生活の中では気づかないかもしれませんが...。

ちょうどJane Eyreを読み終えたところですが、これには驚かされました。この本の一番いいところは 正直なところ、彼女の性格です。彼女の精神の大胆さ、情熱、および あの時代を舞台にした本にしては、とても現代的な感じがして、心に響きました。 あの時代を舞台にした本にしては、とてもモダンな感じがしました。これがどれほど画期的なことだったか想像できます。私は完全に...

これらの本を読みながら考えたのは、もし自分が麻薬で荒廃した国で家族を育てなければならないとしたら、どうするだろうということでした。 この本を読みながら考えていたのは、もし自分が麻薬で荒廃した国で家族を育てなければならないとしたらどうするか、ということでした。 ということでした。この本が実際の出来事に基づいているという事実は、私の心を痛めます。 が痛くなります。悪いことだとは思っていましたが、これらの本は本当にあなたに...

その理由を説明するのは本当に難しく、どのように書けばいいのかわかりません。 しかし、r/books[/r/books]のコメント欄でこの作品を薦めてくれた方には感謝しています。 数週間前にr/books [/r/books]のコメント欄でこの本を薦めてくれた人に感謝したいので そこで、この本のことを他の人にも知ってもらいたいと思って、この小さな投稿をしました...。

私たちは第一印象の良いものを好む傾向があります。 そのため、期待はずれのものに出くわすことが多いと思います。 しかし、その逆の経験をした本とは?最初から 最初は明らかに気に入らなかった。物語の進行に時間がかかったのかもしれませんが...。

少し前に、飽きたので、シリーズの最初の本である『Written in 赤。なぜかというと、普段は全く読まないタイプの本だったし、狼男のような恋愛ものだと思っていたからです。 狼男のようなロマンスだと思っていたからです。 しかし、そうではありませんでした。とても素晴らしかったです。

それで、40代半ばになってようやく「高慢と偏見」を読むことができました。正直言って、この本にはとても驚きました。 正直言って、この本にはとても驚かされました。思わず引き込まれてしまいました。今までに これほどまでに本をググりたくなったり、最後の章を読みたくなったりしたことはありません。 何が起こったのか、読むよりも早く知りたいと思ったことはありません。....

お気に入りの献辞はありません-素晴らしい、創造的な献辞もあると思いますが-。 しかし、私のお気に入りのエピグラフは、スティーブ・コールの『Directorate S』(2018年)のものです。 コルの『Directorate S』(2018年)で、「CIAとアメリカの秘密の戦争」を記録した in Afghanistan and Pakistan, 2001-2016」を、その役割を中心に紹介しています。

アイアン・ドリーム」は、世界を滅ぼそうとするマインドコントロールされたミュータントの悪の帝国との壮絶な戦いに巻き込まれたヒーローの物語です。 マインドコントロールされたミュータントによる悪の帝国との戦いに巻き込まれます。 善の力を破壊しようとする悪の帝国との壮絶な戦いに巻き込まれていきます。ミュータントの一人を根絶やしにした後、彼は悪党たちと戦い、強力で神秘的な武器を手に入れます。 ミュータントの一人を根絶やしにした後、彼は悪党たちと戦い、強力で神秘的な昔の武器を手に入れます。

少し前に、近所の本屋さんで勧められたStephan Gram Jonesの「The Only Good Indians」を読みました。 近所の本屋さんの店員さんに勧められて読みました。買ったのは 面白そうだったのと、彼女が良いと言っていたので購入したのですが、最後まで読めずに 読んでいたのですが、最後まで読んだのは手のひらに乗るくらいのページ数でした。

私は95年生まれなので、ハリー・ポッター、トワイライト、ハンガー・ゲームのブームの頃にはいました。 ハンガーゲームのブームに乗っていましたが、正直言って懐かしいです。一番近いのは、2010年半ばの 2010年半ばに起きた「ゲーム・オブ・スローンズ」現象です。 大成功を収めたHBOの番組によるものです。 これは、HBOの番組が大成功したことが大きな要因です。

ただの怠け者です。 主人公がどんなに地に足がついていようと、好感が持てようと。視点が伝わると 視点が、出会う女性すべてが自分に欲情しているように見えたり 欲しがっているか、サイズを測られて夢見る少女の様々なカテゴリーに入れられているような視点だと 視点になってしまうと、せっかくの親しみやすい主人公が...。

David Copperfieldは何度も読んでいるので、寝る前に読むのが楽しみです。 寝る前に読んでいます。なぜかって?前に読んだことがあるので、驚きがないからです。私はこれまでに 新しい本を読もうとしたこともありますが、次の展開が気になって眠れません。 次の展開にワクワクするからです。その後、退屈な本を読もうとしましたが、もちろんその時は負けてしまいました...。

は、私がどれだけドロレスのキャラクターアーキタイプが好きかということです。私は、生意気で勇敢な 生意気で、生意気で、不潔で、ワイルドで、ナイーブで、でも早熟な少女のキャラクターを読むのが大好きです。 (私は、生意気で、生意気で、不潔で、ワイルドで、ナイーブで、でも早熟な少女のキャラクターを読むのが大好きなのです。) これらのキャラクターには このようなキャラクターには、何か惹かれるものがあります。

Quoth Siddhartha: "O venerable one, what should I possibly have to tell you, O venerable one? おそらく、あなたはあまりにも多くのことを探しすぎているのではないでしょうか?探すばかりで、見つける時間がないのでは? 見つけるための時間がないのではないでしょうか? [誰かが探しているとき、シッダールタは言いました。 彼の目だけが...

認めたくはありませんが、YAの本は私の後ろめたい趣味で、たくさん読みたいのです。 たくさんのYA本を読みたいと思っています。しかし、最近ではもっと古典的な文学に触れてみたいと思っています。 しかし、最近はもっと古典的な文学を読みたいと思っているのですが、いざ読もうとすると、読んでいる内容を完全に理解するのが難しいのです。 しかし、いざ読もうとすると、自分が読んでいるものを完全に理解したり、プロットを理解したりするのが難しくて...。

読書があなたの共感性にどのような影響を与えたかについて議論したいと思いました。良くも悪くも 良い意味でも悪い意味でも、人によって異なる視点を持つことに興味があります。 聞くことに興味があります。もともとは、私の意見と、それに賛同してくれる人を期待して投稿するつもりでした。 私はもともと、自分の意見を投稿して、みんなが私に同意してくれて、すべてがうまくいくことを期待していました。だから、みんなの反応を期待して...。

私が思うに、読んだ本の内容を明確に、そして想像力豊かに思い描ける人は 子供の頃から10代、そして大人になっても本を読み続けている人は、自分が読んでいる本の内容を 子供の頃から10代、そして大人になっても読み続ける人が多いのではないでしょうか。Redditのいくつかのスレッドを読みましたが、そこで 読者の典型的な反応は、「心の中では...」というもののようです。

このシリーズが評価されていることは読み始めたときから知っていましたが、大げさに言うと 大げさな言い方ですが、私の期待を上回るものでした。とてもユニークな作品でした。 この作品は、とてもユニークな作品で、とても広くて、広がりがあり、想像力に富み、かつ現実的な可能性に支えられています。 ユニークな作品でした。このシリーズは、私を悲しませるものの一つです。

本の内容はどうでしたか?それは悲しみだったのか?恍惚の解決?魅力的な人物との間に深く育まれた 読者と言葉の境界をわずかに超えて、Thの永久性によって断ち切られたキャラクターとの絆が育まれたのかもしれない。 読者と言葉の間の境界をわずかに超えて、「終わり」の永久性によって断ち切られた絆。 本を読んで本当に泣いたのは一度だけで、その本は「The Fault...」でした。

先週、チャリティーショップで2ポンド以下で購入したのですが、今日読み終えました。 驚きました。なんて素晴らしい本なんでしょう 物語はとても魅力的で、しかも 物語は非常に魅力的でありながら、SFを素晴らしいものにしている推論可能な深さを持っています。この本を読む前に、アシモフ この本を読む前に、アシモフとシルバーバーグの「ナイトフォール」を読んでいたので、すでに良い作品を期待していました。

終わった。彼の最初の2冊の本は面白かったが、3冊目を待つのは辛すぎる。 たとえ彼が3作目を出版したとしても、私はそれを買ったり読んだりしません。また また、Kvotheがneckkbeardの理想とする男性像になっているように感じ始めました。 感じ始めました。このままでは彼のことが嫌いになってしまうのではないかと心配になりました。

今年の初めにドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を読み終えた後、今日はトルストイの「アンナ・カレーニナ」を読み終えました。 今日はトルストイの『アンナ・カレーニナ』を読み終えましたが、素晴らしかったです。この作品は 確かに人間の状態をかなり包括的に表現していますが、十分に包括的ではありません。 もっと省略したり、打ち切ったりしているような気がします。

一日中一人で本を読み、他人と比較している孤独な男の姿を描く。 自分を他人と比較しています。 自分がのけ者にされているような気分になり、あまり深く考えずに勇気を持って人生を切り開いていく男たちを見下し、同時に賞賛する。 深く考えずに愚かに突っ走ることのできる勇敢な男たちを見下し、同時に賞賛する。 勇気を持って人生を歩むことができる男たちを見下し、同時に賞賛している。

私はエマが大好きです。ジェーン・オースティンの小説の中で一番好きかもしれません(でも、誰が選ぶことができるでしょう? 選ぶことができるでしょうか)。) しかし、私の友人の多くは、この名前のキャラクターを嫌っています。つまり、本当に 憎んでいます。私の友人の一人は、狂ったように読書をし、Emma以外の全てのオースティンの小説を読みました。 エマ以外のすべてのオースティンの小説を読んでいますが、どうしても最後まで読めないのは・・・。

私は、キャラクターの身体的描写がほとんどなくても大丈夫です。例えば、Terry Pratchettを例に挙げてみましょう。キャロットは背が高く、肩幅が広く、赤毛で、日焼けしていて、とても魅力的だということは知っています。 日焼けしていて、とても魅力的だということは知っていますが、具体的な顔の特徴については、彼が実際にどのような人物なのか見当がつきません。 でも、具体的にどんな顔をしているのかはわからない。何となくそれでいいような、、、。

私はこの本を初めて読み、とても気に入りました。しかし、この本の終わりは 突然のことで、すべてが止まってしまったように感じました。それは、私がこの本を読み直すまで続きました。 最初の章をもう一度読み直したときに、すべてが腑に落ちました。鳥の鳴き声は 鳥の鳴き声は、「これは......」という実感があって、よりゾクゾクしました。

レニとマルゴの百年』を読んでいるのですが、第5章には その中の第5章に、私が純粋に感動したパラグラフがあります。 その段落は、自分が好きだったプロジェクトから強制的に移動させられた女性の話です。 二人の主人公の一人であるLenniは、この女性によって人生を変えられてしまいます。そして そして、そこには...

私の感想(映画の引用に見せかけたもの)。はい、そうです。48年にジャクソンが発表した 彼女の最も完成された作品であるこの『The Lottery ! 議論の余地のない彼女の 傑作だと思います。あまりにもつまらない話なので、ほとんどの人はエンディングにたどり着けないでしょう。 しかし、そうすべきだ。なぜならば、この作品は、ただの快楽の物語ではないからだ。

私は現在、週に6日働いています。私はほとんど常にソーシャルメディアを利用しており、特に 特にredditとinstagramです。自由時間のほとんどをredditに費やしています。気がつくと r/52book [/r/52book]には、100冊近くの本を読んでもRedditに残っている人がたくさんいます。 r/52book [/r/52book]には、100冊近くの本を読んでもRedditにいる人がたくさんいます。私には自己管理能力が欠けているのでしょう。私が望むのは...

このサイトや他のソーシャルメディアでは、「映画はどうやって作るのか」ということが話題になっています。 このサイトや他のソーシャルメディアでは、映画のタイアップカバーや「Now on netflix」のサークルやステッカーが、いかに本を台無しにするかについての投稿がたくさんあります。それは 映画化やテレビ化されていなかったら知らなかったかもしれない本がたくさんあるので面白いですね。 映画化やテレビ化されていなければ、知らなかった本がたくさんあるからです。 私は、本を描くことは重要だと思っています。

西暦1000年頃に紫式部によって書かれた「源氏物語」を読み終えたところです。ここでは 何度も繰り返すことで得られた重要な学びがあります。私と同じように、他の方にも参考にしていただければ幸いです。 私と同じように他の方にも参考にしていただければ幸いです。 * 失恋した人が流す涙を収めることのできる袖は、日本には一つもありません。 失恋した人が流す涙を入れられるスリーブは日本にはありません...

ここ数年、私はオーディオブックに夢中になっています。 語り手が好きか、少なくとも許容範囲内でなければならないということに気がついた。 本の内容もさることながら その一例がウィッチャーシリーズです。 評判を聞いていたので、とても楽しみにしていたのですが、まだ10分も経っていません...。

私は個人的に、この本は高校卒業時の必読書にすべきだと思っています。 この本のことは何年も前から聞いていましたが、今まで読むことができませんでした。 読んでみると、25年も前の本なのに今の時代に合っていることに驚かされました。 25年も前の本であるにもかかわらず、今日の世界にいかに適切でタイムリーであるかに驚かされました。 彼はすべての論理的誤謬をカバーしています...

私の場合は、Ryan Graudinの「Wolf by Wolf」とその続編の「Blood for Blood」です。買ったのは 最初の本は、発売された年のクリスマス後に友人が2冊買ってくれたので 2冊買ってもらいました。今では私のお気に入りのシリーズの一つとなっていて、私がこの話をする時はいつも 誰も聞いたことがないし、読んだこともないようです。しかし...

私の父は15年ほど前にバイクの事故で亡くなりました。彼は私の親友でした。 親友だったので、SFやファンタジーが好きなのは彼の影響です。父が亡くなる1年ほど前に 父が亡くなる1年ほど前に、父が仕事仲間から新しいシリーズの本をもらっていたのを覚えています。 それは『WoT』でした。彼はそれを夢中で読みました。彼は寝る時間を惜しんでいました(彼は...)。

私にとっては『ゴッドファーザー』でした。私は怒りのコントロールに問題があり、強い優越感を持っていました。 それが一夜にして消えてしまった。俗物だった私が 俗物だったのが、人を大切にする人間になりました。完全なUターンですね。私にとって決定的だったのは、ドンがどのように部下に敬意を示したか、どのように挨拶したかということです。 人々に敬意を払い、温かく迎え入れたこと、そして、それに加えて...。

私は専業主婦になって約5年になりますが、娘が生まれてから本を読む時間とエネルギーを確保するのに苦労しました。 娘が生まれてから、本を読む時間とエネルギーを見つけるのに苦労しました。 しかし、私は文字が好きで、自分でも本を書きたいと思っています。娘が寝付く頃には 娘が寝る頃になると、目も頭も眠たくなってきます。娘が生まれてからも...

私は12年ほど前にこの短編小説を読み、この物語が想定しているような世界に私たちもいるのではないかと考えました。 この物語が想定しているのと同じような世界、つまり、人々がポッドのような囲いの中に存在していて 人々はポッドのような囲いの中に存在し、人々の「満足のいく近似値」を示す幻想的な「鏡」を通してのみお互いにつながっている。 それは、人々がポッドのような囲いの中に存在し、幻想的な「鏡」を通してお互いにつながっていて、その鏡には人々の似姿が「満足のいく近似値」で映し出されるというものだ。フェイスブック、そして...

読んだばかりですが、なんてクラシックなんでしょう SF、中世、宗教に関する本が好きな人には最適です。 中世や宗教に関する本が好きな人には最適です。 舞台は大規模な核戦争の余波です。生き残った人たちは科学を非難し 生存者は科学のせいにして、知識人を殺し、手に入るすべての本を燃やした。 生き残った人々は科学を非難し、知識人を殺し、手に入る本をすべて燃やした。砂漠の修道院では...

私は英語の教師で、ブラッドベリの様々な作品を日常的に教えてきました。 を教えてきました。しかし、このタイトルは私にとって全くの初体験でした。彼がハロウィーを書いたことも知りませんでした。 ハロウィンの本を書いていることも知りませんでした。 上の二人の子供(12歳と8歳)と一緒に、毎晩少しずつ読もうと思って手に取ったのですが とても気に入っています。 驚いたのは...

私が言っているのは、何百万部も売れている「ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー」の本の話です。 ワットパッドの自費出版小説ではありません。気が狂いそうになりますよ。I どれだけの人が同じものを読んで、読み飛ばしているのか疑問です。わからないけど、ただ もしあなたが成功していて、広く出版されている作家であれば...。

何ヶ月か前にハリーポッターシリーズ(OG7冊)を読み終えました。 とても好きになりました。そして最近、友人から「呪いの子」をもらいました。 Cursed child」です。私はそれまでその本について聞いたことがなかったし、その時はこの本がどのようなものになるのか全くわかりませんでした。 どうなるのか全くわかりませんでした。私はいつものように興奮して読みました...。

こんにちは、Reddit、こちらはニール・シュスターマンです。 のベストセラー作家です。私の著書には、Arc of a Scythe 3部作、Unwind ディストロジー、Challenger Deep(2015年全米図書賞受賞)、Skinjacker 三部作、そして息子のジャロッドと共同執筆した『Dry』などがあります。

何というか、前から後ろまで信じられないような本ですね。本当に残念なことに、映画では 映画では正当に評価されていないのが残念です。ミニシリーズの方がいいかもしれませんね。 素晴らしいキャラクター、記憶に残る瞬間、永遠に心に残るイメージ。何が 愛してはいけないのか?Loser's Club」や「Terror of Derry」が恋しくなります。

私の友人の中で、本当に読書が好きなのは私だけなんです。何人かの友人に一緒に読んでもらおうとしました。 一緒に本を読んで、本の内容について話し合おうとしたこともありましたが いつも頓挫してしまいます。いろいろなジャンルが好きなので、もし誰かブッククラブを始めたい人がいたら 誰かブッククラブを始めたい人がいたら教えてください! もし誰かがブッククラブを始めたいと思っていたら、私に教えてください!もし他の人がブッククラブを始めたいと思っていたら、私は喜んで設定します。

私は諜報活動や秘密工作の歴史について多くの本を読んでいます。 何年も前から「Beyond the CIA」を見つけようとしていました。The Frank Terpil ストーリー』(リチャード・ロイド、アントニー・トーマス著、Seaver Books, 1984, ISBN = 086579023X). しかし、いまだにこの本が売られているのを見たことがない...。

今日、この本を読み終えましたが、本当に楽しかったです とてもよくできていると思いました。 非常によく書かれていて、非常に不気味なコンセプトで、部分的には非常に気になるところもあります。私は著者の文体と 著者の文体と、登場人物が実在の人物のように感じられるところが気に入りました。私はこれから 今日の夜、この映画を見て比較してみようと思っています。私は...

最近、私はBartimeaus三部作(ロンドンの魔法についての素晴らしい物語で、HPで大々的に宣伝されるべきだった)を再読しました。 ロンドンの魔法についての素晴らしい物語で、HPが大々的に宣伝されるべきだった)を再読して、高校時代の自分を超えられるかどうかを確認しました。 高校時代の自分を超えられるかどうかを確認するために。 婚約者も同時に読んでいたのですが、語り手がどれだけサジを投げているのかという話になりました。 語り手がどれだけSassなのかを話し合った。

私はチャールズ・ディケンズの本を読んだことがありませんでしたが、数日前に学校の図書室で『二都物語』をチェックしました。 二都物語」を学校の図書館で借りて読み始めました。そして、私は この本のせいではなく、ほとんどが私のせいなのです。 この本については良いことを聞いていたし、本当は好きになりたかった。でも...。